リクルートカードの年会費と発生ポイントのメリット

リクルートカードは、発生するポイントに関する特長があります。ただしこのカードには、デメリットも一応あるのです。
まず年会費に関する要素です。クレジットカードによっては年会費無料のタイプもありますが、リクルートカードの場合はそうではありません。現時点では、1年間に2,000円という会費を支払う事になります。

 

ちなみに後述しますが、このカードではポイントは発生する仕組みになっているのです。しかしあまり多くのポイントが発生しなかった時には、赤字になる可能性はあります。その点はデメリットとは言えるでしょう。

 

しかし、それを上回るメリットもあるのです。確かに年会費は発生しますが、このカードは発生ポイントの数字が高めと言えます。他のクレジットカードと比べても、還元率が比較的高めに設定されているのです。ですから頻度多く買い物をしたり、まとまった金額での買い物をした時などは、十分に年会費をカバーできる場合があります。

 

それとリクルートカードは、税金支払いに関するメリットもあるのです。人によっては税金をカードで支払っている事もありますが、その時にもポイントが発生するのです。

 

ただ税金支払い時に発生するポイントも、カードによって異なります。そしてリクルートによるカードの場合は、その数字がかなり高めになっている訳です。税金をカードで払いたい方々にとっては、メリットが大きいでしょう。
これらを考慮しますと、やはり発生するポイントの高さが、このカードの主たるメリットです。