Yahoo!JAPANカードのメリットとデメリットについて

Yahoo!JAPANカードは18歳以上の人であれば、自分だけが使うために作っても家族カードを作っても、永久年会費無料なので、作っておいても損はないはずです。

カード作成時には3つからブランドを選択でき、3つの中で一番使えるのはVISAカードが主流だと思いますが、電子マネーチャージをよく利用する人は、JCBカードかMasterCardを選択したほうが使いやすいです。

 

Yahoo!JAPANカードはTポイントが貯まりやすいのが特徴で、支払金額100円ごとに1%がTポイントになります。カードの締切日は毎月月末の30日で、支払日は翌月の27日で、土日祝日が27日にあたる場合は翌営業日が支払日になっています。

 

メリットは使い勝手が良いTポイントなので、ポイントが無駄にならないことで、ネット通販やネットオークションでYahoo!サービスをよく利用する人には便利だし、公共料金や税金を支払う時に使えるということです。

 

審査にかかる時間も5分もかからなかったです。デメリットは旅行傷害保険がないので、旅行時には向かないということ、nanacoチャージをする場合は面倒な手続きをしなければいけないということです。

 

インターネットショッピングにおいては、Yahoo!JAPANカードと楽天カードの2つ持ちをして使用したほうがいいと感じます。旅行傷害保険はないですが、海外での買い物でも使えるのは便利です。

 

デメット面よりもメリット面のほうが多いカードなので、一家に一枚は作っていたほうが何かと使えます。カードのデザインもカラーもオシャレです。