ポイントをもらえる以外にキャッシングサービスもあります

UCSカードを作ると、ポイント付与だけでなく、さまざまなメリットを享受することができます。まずは、商業施設のアピタやピアゴでUCSカードを使用するケースですが、これは1年間のうち70日から80日もポイントが2倍から5倍も付与される日が設定されていますので、メリット感をたっぷり味わることができます。

 

しかし、それだけではありません。アピタやピアゴ以外のあらゆる場所やネット上のショッピングサイトで買い物をした場合でも、買い物をした金額200円につき1ポイントをもらうことができます。ですから、買い物をするときはできるだけUCSカードを使用することをお勧めします。

 

さらには、水道料金や電気料金、ガス料金、NHK受信料などの公共料金の決済にUCSカードを用いても、ポイントが付与されます。公共料金の決済についても200円につき1ポイントの付与ですので、1ヶ月の電気料金が1万円ならば50ポイント付与されます。

 

このため、すべての公共料金の決済をUCSカードで済ませるようにすれば、1ヶ月あたり150ポイント前後は貯まると思われます。ちなみに国民年金保険料の決済にもUCSカードは使えて、しかもポイントをもらえます。

 

UCSカードを使用することのメリットとしては、他にキャッシングサービスがあります。例えば急に数万円を用意する必要ができたときには、コンビニや大手都市銀行のATMを利用してUCSカードからお金を借りることができるのです。

 

金利は18%となっており、消費者金融と同水準の金利ですが、クレジットカードをATMに差し込めば借金できるのですから、緊急時の利便性は抜群です。