三井住友VISAアミティエカードは女性向けカードでおすすめです

三井住友VISAカードは確かに種類が多くて、どれにしようか迷ってしまいますよね。でも読者は女性の方ということですので、女性限定発行の三井住友VISAアミティエカードが良いと思いました。

 

こちらの三井住友VISAアミティエカードは、インターネットのサイトの方で三井住友VISAアミティエカードを申込みをしますと、年会費がかからないんです。初年度だけ無料という形になってしまいますが、条件を満たせば初年度以降も無料となっています。

 

申込みをしてから営業している3日間以内で、三井住友VISAアミティエカードを発行してくれるようになっていますので、出来るだけ早く持ちたいと思っている人には安心して早く三井住友VISAアミティエカードを受け取れますので良いです。

 

三井住友VISAアミティエカードデザインは、女性が好むピンクとシルバー色で頑丈な作りとなっているため女性が持つには良いカードのデザインとなっていますよ。三井住友VISAアミティエカードを持てばショッピングはもちろん旅行も楽しんでできますので、女性には便利なカードです。

 

三井住友VISAアミティエカードを使って買い物などをすればポイントもしっかりと還元してくれますし、何かあった時の補償や保険も整っています。また、カードの盗難や紛失のサポートも行っていますので安心して持ち使えることができます。

 

ポイントはしっかりと還元してくれますが、ポイント還元率が低いデメリットがあります。それでも女性には良いカードとなっていますので、三井住友VISAアミティエカードを持ってみてはいかがでしょうか。

Master cardが利用できる店舗で使える便利なマネパカードとビットコイン

年会費無料、中学生を除いた満15歳以上のかたであればどなたでも作ることができるマネパカードは使い勝手のいいプリペイドカードで、基本的にMaster cardが利用できるお店であれば現金の代わりに支払いを行うことができます。

 

日本国内だけではなく海外でショッピングをするのにも現金を使うよりも便利に利用可能です。

 

そんなマネパカードですが、ビットコインの取引所であるZaifにあるビットコインを日本円としてチャージ可能なサービスが開始されました。

利用方法も難しくなく、Zaifの顧客として持っているマネパカードに連携を依頼するだけです。ホームページからカードにチャージを希望する額を入力する作業を行うだけで、所持しているビットコインが自動で日本円へと換金されてチャージが行われます。

 

管理画面から履歴も確認できますから管理は容易ですし、チャージにかかる手数料は無料です。やり取りにはZaif、マネパカードの二つの口座間に連携が必要になりますが、ビットコインをマネパカードにチャージした後は通常通りにMaster card加盟店で支払いに利用できるようにます。

 

特に日本国内ではまだまだビットコインを利用することができるお店が少ないのが現状です。使えるお店でも店員の知識不足によってトラブルが起こらないとも限りません。

 

しかし、チャージを行うことでビットコインをカード内のお金の一部として利用することができますから、一度マネパカードと連携させるだけでビットコインの使いやすさが増します。プリペイドカードとして支払いに利用すれば、ビットコインの使用範囲がより広がるのがメリットです。

Yahoo!JAPANカードのメリットとデメリットについて

Yahoo!JAPANカードは18歳以上の人であれば、自分だけが使うために作っても家族カードを作っても、永久年会費無料なので、作っておいても損はないはずです。

カード作成時には3つからブランドを選択でき、3つの中で一番使えるのはVISAカードが主流だと思いますが、電子マネーチャージをよく利用する人は、JCBカードかMasterCardを選択したほうが使いやすいです。

 

Yahoo!JAPANカードはTポイントが貯まりやすいのが特徴で、支払金額100円ごとに1%がTポイントになります。カードの締切日は毎月月末の30日で、支払日は翌月の27日で、土日祝日が27日にあたる場合は翌営業日が支払日になっています。

 

メリットは使い勝手が良いTポイントなので、ポイントが無駄にならないことで、ネット通販やネットオークションでYahoo!サービスをよく利用する人には便利だし、公共料金や税金を支払う時に使えるということです。

 

審査にかかる時間も5分もかからなかったです。デメリットは旅行傷害保険がないので、旅行時には向かないということ、nanacoチャージをする場合は面倒な手続きをしなければいけないということです。

 

インターネットショッピングにおいては、Yahoo!JAPANカードと楽天カードの2つ持ちをして使用したほうがいいと感じます。旅行傷害保険はないですが、海外での買い物でも使えるのは便利です。

 

デメット面よりもメリット面のほうが多いカードなので、一家に一枚は作っていたほうが何かと使えます。カードのデザインもカラーもオシャレです。

海外旅行に便利なトラベルプリペイドカード

海外旅行に慣れている人だったら、現金を持ち歩かずクレジットカードで支払いをすることに慣れている人が多いものです。海外ではカードで支払いをするのが当たり前になっているので、クレジットカードで支払いをするのはとても便利なのですが、つい便利で使い過ぎてしまって、旅行から帰国したら支払いが大変になったというようなことも生じてきます。

 

そのようなことにならないためにも、トラベルプリペイドカードが便利なのです。日本で海外旅行に行く前に入金しておくと、海外でクレジットカードとして食事や買い物に使うことができますし、現金が必要な時には、キャッシュカードとしてATMで現地の通貨で現金を引き出すことができるのです。

 

残高が少なくなったら、オンラインで日本国内の口座に入金することができるので、とても便利で安心です。このトラベルプリペイドカードは海外でしか使えないのです。海外旅行専用のクレジットカードというような感じで使うことができます。インターネットで簡単に申し込むことができますから、気軽に利用できることができるのです。

 

海外で現地の通貨に両替するには手数料がかかります。特にホテルでの両替には高額な手数料がかかりますが、トラベルプリペイドカードだったら、その日の為替レートで現地の通貨をATMで引き出すことができて、とってもお得です。買い物の時にも使えるので、普通のクレジットカードを使っているのと同じような感じで使えます。

リクルートカードの年会費と発生ポイントのメリット

リクルートカードは、発生するポイントに関する特長があります。ただしこのカードには、デメリットも一応あるのです。
まず年会費に関する要素です。クレジットカードによっては年会費無料のタイプもありますが、リクルートカードの場合はそうではありません。現時点では、1年間に2,000円という会費を支払う事になります。

 

ちなみに後述しますが、このカードではポイントは発生する仕組みになっているのです。しかしあまり多くのポイントが発生しなかった時には、赤字になる可能性はあります。その点はデメリットとは言えるでしょう。

 

しかし、それを上回るメリットもあるのです。確かに年会費は発生しますが、このカードは発生ポイントの数字が高めと言えます。他のクレジットカードと比べても、還元率が比較的高めに設定されているのです。ですから頻度多く買い物をしたり、まとまった金額での買い物をした時などは、十分に年会費をカバーできる場合があります。

 

それとリクルートカードは、税金支払いに関するメリットもあるのです。人によっては税金をカードで支払っている事もありますが、その時にもポイントが発生するのです。

 

ただ税金支払い時に発生するポイントも、カードによって異なります。そしてリクルートによるカードの場合は、その数字がかなり高めになっている訳です。税金をカードで払いたい方々にとっては、メリットが大きいでしょう。
これらを考慮しますと、やはり発生するポイントの高さが、このカードの主たるメリットです。

コンビニ用のクレジットカードを作成するコツ

コンビニで支払う機会が多い人は、専用のクレジットカードを作るべきです。ただし、作成する際にはよく利用するコンビニで使えなければ意味がありません。

 

例えば、セブンイレブン専用のクレジットカードは、年間で50000円以上の買い物をすると、年会費が無料になる特典があります。他の系列のコンビニで買い物をしても、利用金額としてカウントされません。以上の様に、最もよく買い物をするコンビニのクレジットカードを作成するのがポイントです。

 

ちなみに私は、ファミマTカードを作成しました。ファミリーマートでよく買い物をするからです。他のコンビニと比べると、ポイント還元率がそれほど高くありません。また、セブンイレブンのクレジットカードの様な特典も存在しません。ですが、ファミマTカードには素晴らしい点があります。それは支払い時に提示すると、一部の商品が割引価格になるということです。私がよく口にする飲料水も割引が適用されるので、非常に助かっています。

 

クレジットカードを選ぶ際には注意点もあります。それはどれだけ素晴らしい特典であっても、自分のスタイルとマッチしなければ意味がないという点です。セブンイレブンのクレジットカードを例にすると、1年以内に50000円以上の買い物をしなければ、年会費が無料になりません。それはコンビニの利用頻度が少ない人にとっては、クリア条件が難しいと言えます。以上の様に、コンビニ用のクレジットカードを作成する時には、自身のライフスタイルを省みることは必須です。

マイルが貯まるクレジットカード選びにはポイントがある

航空機に乗ることでポイントが加算されるクレジットカードがあります。移動距離が多いほど、加算されるポイントが多くなるのが特徴です。しかし、マイルが貯まるクレジットカード選びには、押さえておくべきポイントが存在します。

 

例えば、クレジットカードが使えるのは、対象内の航空会社を使う時に限られる点です。あまり使わない航空会社しか対象としていないクレジットカードだと、飛行機に乗る機会が豊富でも、ポイントが効率的に蓄積されません。

 

逆に言えば、よく使う航空会社が対象のクレジットカードは、ポイントの蓄積がスムーズに行われるということです。日本でよく飛行機に乗るのであれば、JALとANAとデルタ航空とユナイテッド航空を対象とするクレジットカードを選ぶべきだと言えます。以上の4つの航空会社は日本で活躍しています。わざわざ航空会社選びを意識しなくても、自然とポイントが溜まっていくのは間違いありません。

 

ただし、航空距離を活かしたクレジットカードには、1つだけ注意点があります。それは航空会社を利用しないと、ポイントが失われてしまうことです。旅行の機会が不定期で飛行機に乗る時期が決まっていないと、知らない間にポイントが失われてしまう事態はよくあります。その問題を不安視しているなら、対象となる航空会社だけでなく、ポイントの有効期限に着目すべきです。ポイントの有効期限が長いクレジットカードを選べば、ポイントの損失リスクを低下させることができます。

あまりポイントが溜まらない…

昨年に結婚をし、それまでクレジットカードを持っていなかった私が、「とりあえず新しい生活のためにクレジットカードを作らなきゃ!」と一番初めに作ったのがイオンカードです。

 

イオンカードは主婦である私でも作りやすく、入会申し込みはイオンの店舗でできましたし、カードが届くのもとても早かったです。

 

しかし、便利な点も多いイオンカードですが、クレジットカードに慣れてきた今、イオンカードの良くない面も目についてきました。

 

まず、他のカードに比べてポイントが溜まりにくい点が一番のデメリットであると思っています。
イオンで買い物をすると200円で2ポイント貯まるのですが、それ以外のお店で買い物をすると、200円で1ポイントしか溜まりません。

 

大抵のカードが100円で1ポイント程度は溜まっていくため、イオンカードはあまりお得でないなぁと感じてしまっています。
さらに、イオンのショッピングモール内であっても、食品やイオンの服飾売り場以外の専門店では、ほとんど特典がありません。

 

ですから、本当にイオンのお店だけでしか利用する気が起こらないのが現状となっています。
しかし初めはイオンのお店であっても200ポイント1円でしたので、以前に比べると良くなりつつあります。他のお店でも使う気になるよう、更に改善されることを期待しています。

やっぱりクレジットカードは還元率!

いまやクレジットカードは誰でも持っているカードです。

デパートやスーパーの買い物だけではなく、コンビニや本屋、レストランやファーストフードからありとあらゆるところで使えて、サインや暗証番号で決済できる便利なマストアイテムです。

もちろんお財布にお金を入れるのと違いかさばらず、一括払いなら利息もつかないお得なカードです。

更に付加価値としてついてくるのが「ポイント」です。

1ポイント1円で電子マネーとして使えるポイントが多く、電気代、ガス代、水道代の光熱費から携帯代や生命保険の引き落としまでクレジットカードで支払いができるので毎月ポイントは貯まります。

であれば、クレジットカードは還元率の高いものを選ぶべきです。

通常でいうと、200円で1ポイント還元が主流でしたが、最近はもっと還元率の高いカードがたくさんあります。

更に自分が良く使うところのクレジットカードなどはポイントが余計についたり、ポイントセールなどがあったりしてお得です。

 

例えば「セブンカードプラス」などさヨーカドーやセブンイレブン、ヨークマート等で利用ができ、尚且つ電子マネー「nanaco」が紐付けされています。

所定の箇所での利用が200円で3ポイントの還元率で、nanacoのクレジットチャージもできるので更にお得です。

 

楽天の「楽天カード」は楽天の利用が100円につき1ポイント1円分として貯まります。

楽天の支払いを楽天カードにすれば月の使用分についてもポイントがたまったり、使用期限つきではありますが初回のカード作成時には5,000円以上のポイントがつくのでお得です。

 

Yahooカード」もTポイントと提携していて、ネットと連携して使えて、100円につき1ポイントなのでこちらもお得です!

ガソリンカードのメリットと作る時の注意点

車を運転するようになると当然ガソリン代がかかりますが、普通に給油しているとそれなりに費用がかかってしまいます。ガソリン代の影響で生活が苦しくなるという事もあるので石油会社が発行しているガソリンカードを作って対応している人もたくさんいます。

 

そこでガソリンカードのメリットから見ていく事にしましょう。

 

ガソリンカードを持っていると通常の料金設定より安く給油する事も出来ます。リッター2円引きされる他にポイントも貯まるので経済的に大きなメリットになる特典を受ける事が出来ます。しかもほとんどのガソリンカードが年間無料なので誰でも手軽に作る事が出来ます。

 

ガソリンカードは石油会社が発行しているクレジットカードなのでガソリン代を支払う時はクレジット払いになります。ガソリンスタンドで現金を支払っているとお釣りをもらう時などいろいろ面倒ですが、ガソリンカードを持っていると支払いがスムーズになります。特に手間をかけたくないという人にはメリットになります。

 

ガソリンカードは石油会社が発行しているクレジットカードなので発行されてる石油会社のガソリンスタンドしか使用する事が出来ません。いつも同じガソリンスタンドでガソリンを給油しているという人は問題ありませんが、複数のガソリンスタンドでガソリンを給油している人はガソリンカードも複数作らないといけなくなってしまいます。ガソリンカードを作る時はいつも同じガソリンスタンドでガソリンを給油するようにしてその石油会社のガソリンカードを作るといいでしょう。

ガソリンカードは、作った方が絶対お得だよ!

私も、地方に住んでいるので、通勤も、お買い物も、自家用車を利用しています。毎月、ガソリン代は、10000円くらいかかるので、お得なガソリンカードで、ガソリンを入れています。

 

私が使っているクレジットカードは、出光クレジット株式会社が出しているmydo plusというクレジットカードです。このクレジットカードでガソリンを入れると、店頭価格より請求書では2円引きになります。この割引は、とても大きいと思います。「ちりも積もれば山となる」とかと言いますが、積み重ねていくと随分の節約です。

 

また、その上にポイントカードもあって、ガソリンを20リットル以上入れると、ポイントがつきます。そのポイントが、3個たまると、ガソリンの店頭価格も2円引きになります。もちろん請求書が来ると2円引きになっているので、1リットルで4円もお得になります。

 

また、クレジットカード会員には、時々ですが、タイヤが安く買えたりするキャンペーンもあります。
このガソリンスタンドは、24時間お店が空いているので、仕事の勤務が不規則な私には、早朝や深夜でもガソリンを入れることができるのも、助かっています。

 

また、このガソリンスタンドは、セルフサービスのお店ではないので、窓ガラスも拭いてもらえるし、室内掃除用の雑巾も無料で貸してくれます。なかなか室内までも、掃除をすること、雑巾でハンドルを拭いたりすることはないのですが、ガソリンを入れてくれる間の待ち時間に室内拭きができるのも、嬉しいです。

 

ガソリンカードの特典だけでなく、いろんなサービスがついているのも、本当にありがたいと思っています。